FRANKIE & THE HEARTSTRINGS

既に情報をご存知の方もいると思いますが、おさらいもかねて。
今週末開催予定だったのですが、中止となったBritish Anthemsに出演することになっていた
フランキー・アンド・ザ・ハートストリングが、来日し、ライヴを行います!
NMEやClashなどのイギリス雑誌から2010年の期待の新人として早くから注目を集めていた彼らを生で観られる貴重なチャンスです!
しかもライヴはフリー・ライヴ!!

【詳細】
■日時:2010年10月25日(月)/20:00 START
■場所:タワーレコード渋谷店 B1『STAGE ONE』
■内容:ライヴ ※フルセットのライヴです。アコースティックではありません。
■入場方法:
入場券は、10月19日(火)10:00より、タワーレコード渋谷店1Fインフォメーションカウンターにて、先着で無料配布いたします。お1人様2枚までの配布となります。小学生より入場券が必要となります。
※その他、特典などの詳細は、以下のタワー・レコードのサイトまでお願いします。
http://tower.jp/article/feature_item/70812

そして、10月20日(水)に日本デビューとなるミニ・アルバム『アングレイトフル』がリリースされていますので一緒にチェック!

FRANKIE & THE HEARTSTRINGS / UNGRATEFUL

品番:YRCG-90049
価格:¥1,500 (税込)/ ¥1,429 (税抜)

01. Ungrateful/アングレイトフル
02. Want You Back/ウォント・ユー・バック
03. What Goes Around/ホワット・ゴーズ・アラウンド
04. It's Obvious/イッツ・オブヴィアス
05. Needles in the Camel's Eye /ニードルズ・イン・ザ・キャメルズ・アイ
06. Ungrateful (Extended mix)/アングレイトフル(イクステンディド・ミックス)
07. Sex Crimes (live)/セックス・クライムズ(ライヴ)
08. Tender (live) /テンダー(ライヴ)

私的お気に入りはタイトルソングの「アングレイトフル」です。
元オレンジ・ジュースのエドウィン・コリンズがプロデュースした曲だけあって、80sのポップさが気持ち良い。
何だか2006,7年のUKインディが懐かしくなるような、久しぶりにこれぞUKインディ!みたいなバンドを聴いた気分になりました。
今の人ではエドウィン・コリンズをスタイルの師とあがめるザ・ドラムスが好きな人ならきっと好きなはず。

ちなみに、フランキーたちはレコーディングで出会ったエドウィン・コリンズの息子ウィルをそれ以降、ツアーの物販店員として一緒に連れて回っているそうです。(NME
そして11月から始まるエドウィンのツアーサポートにも決まっていて、仲良しさんですね。

#05のブライアン・イーノの「ニードルズ・イン・ザ・キャメルズ・アイ」のカヴァーはとっても新鮮!
これもライヴで観られるといいですね。

今まで出しているシングルはどれも枚数限定の7インチでのリリースなのでこのミニ・アルバム『アングレイトフル』は手に取りやすいと思います。是非聴いて、そして行ける人は観て下さい!
しかもCMJからの来日ってのだけでワクワクしちゃう!
私も観たい!

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

http://hardtoexplain.jp/
bestof2010_blog.jpg

bestsong-2010_blog.jpg

search this site.

recent entries

categories

archives

recent comment

recommend

Swanlights
Swanlights (JUGEMレビュー »)
Antony & The Johnsons
M A Y A
M A Y A (JUGEMレビュー »)
M.I.A.,ブラックスター
Family Jewels
Family Jewels (JUGEMレビュー »)
Marina & The Diamonds

blogroll

HTE staff

others

qrcode

×JUGEM

無料ブログ作成サービス JUGEM